戦術から学んだこと

Posted by 大阪分会員 on 24.2015
Category : 中国武術
シマさん、バトンを受け取りました。
こんばんは!大阪分会のヒロです。

初めて書かせて頂きますので、自己紹介から・・私は学生時代の約6年間、蟷螂拳研究会大阪分会にお世話になりました。学生を卒業後、自衛隊に入隊して約10年間、静岡で勤務していました。その間、蟷螂拳研究会から離れることになり、零集十式と乱接拳を中心に細々と1人で継続していました。そして、4年前、関西に転勤になった際、シマさんに連絡を取り、大阪分会に復帰したい申し出を伝えたところ、快く引き受けてくださり現在に至ります。

仕事の都合上、戦術を習いました。今回はその戦術で学んだ考え方を、武術に応用することをテーマに進めていきます。まだまだ初歩的な知識しかなく、勉強中の身ではありますが、戦術は日常生活にも使えるということを教官から教わりました。
戦術の目的は、戦いに勝利することです。単純ですが、この「勝利する」ために様々な思考過程及び分析を経て、誰が・いつ・どこで・何を・どのようにすべきか・・ということを導き出します。

色々な思考過程や分析すべき項目がありますが、相手と自分のそれぞれ利点・欠点を明らかにし、それがどのように戦いに影響するのか・・というようなことを分析する項目があります。この部分が特に武術にも応用できるところだと私は思いました。敵については、普段の生活において当然特定するような人はいないと思います。そこで、自分のことを分析することによって、今後の方向性が明確にすることができます。

ちょっと抽象的ですので、簡潔に私自身で例えてみます。まず、身長が166cmでおそらく平均身長よりやや低いことから、突きや蹴りのリーチは短い(特に蹴りのリーチに関しては悲しくなるほどです)。次に、職業柄、体力練成は毎日しており、体重は66kgで筋力等はそれなりにあるほうだと思います。柔軟性については苦手なほうで、圧腿など今だにつらい思いをしています。そして、パンチについてはまっすぐよりも圏捶(フック)のほうが、ミット打ちをしてると手応えがあります。
というようなことを踏まえると、自分の武術における戦い方は、ボクシングでいうところの、アウトボクシングではなく、インファイトのようなスタイルになります。必要となるものは、一気に間合いを詰める瞬発力、相手に近づいてからの有効なつかみ技・投げ技、そして圏捶を決めるための技の組み立て。これらを意識することが大切になってきます。また、柔軟性のなさは様々な動きを制限してしまうので、やはり圧腿などを継続的にやっていかなければなりません。ここから、日々の鍛錬で自分が何を重視して練習していくかが明らかになると思います。
とくに摘要拳5段は、接近して肘打ちやつかみ技が多いので、練習していておもしろいと個人的には感じています。
さて、今回は戦術での考え方を武術に応用してみました。今一度、ご自身の特性(身体的だけでなく性格や考え方なども含めて)を見つめ直すと新しい発見があるかと思います。また、自分では発見しづらいこともあるので、練習会で仲間に対し、その人の特性・特徴を伝えてあげることも、お互いのためになるかと思います。

今回は以上です。これからも不定期に、なるべく頻繁に書き込みしていきますのでよろしくお願いします。



スポンサーサイト

久しぶり過ぎに書いてみよう

Posted by 大阪分会員 on 19.2015
Category : 中国武術
久しぶりに書いてみようかなと思います~!

更新しな過ぎて誰も見ていないでしょうが・・・・・

毎週発見があります!特に今月はえらい発見?人間本来の立ち方を知る機会がありましたこの立ち方は特に螳螂拳に有効で、登山歩、小登山の意識の持ち方でバランス、打撃力が変わってくるというものです。

また機会ありましたら書きます。[もったいぶってみる]

さて~今回から私だけが書くのではなく、螳螂仲間にも書いてもらうようにお話をしました。

次回はヒロ君にバトン渡します!

たのまんま~す!

今週の練習風景の写真載せて終わります。





box-s-n6kbfleuz5oxdsn33lht5uxvmi-1001[7]

崩補/刀劈貨山至膝








 HOME 

山東螳螂拳の大要

螳螂拳の魅力が存分に味わえます!

第1巻・基本功と零集式・・・・・・ 第2巻・乱接拳と試合応用・・・・・ [試合応用・伝統技法を競技で使う・散打ルールにて。 で私が解説・出演させて頂いておりますO(≧∇≦)O

鳩時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

BMIチェッカー健康君

BMIとは体格指数を表し、国際的にも認められている、 肥満・やせの基準です。

18.5未満を「低体重」、18.5以上25.0未満を「標準」、25.0以上29.0未満を「標準以上」、30.0以上を「肥満」としています

捕蝉数値