スポンサーサイト

Posted by 大阪分会員 on --.--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さんの肩甲骨動いてませんよ!?

Posted by 大阪分会員 on 16.2013
Category : 未分類
毎年ラジオから、夏が来る~きっと夏は来る~と流れると

来たか~来たのね~大嫌いな夏

しか~し、ストレッチで体それぞれの可動域を広げるには良い季節で~ございます。

皆さん圧腿等で下半身の可動域は広いと思いますが、私含め皆さんも上半身のストレッチ怠っていませんか?

加齢と共に体は硬くなります。その大きな原因が水分量だそうです。
赤ちゃんのときは体内の約80%が水分、加齢と共に水分量は減っていき、40代では60%程度となります。
この水分量の低下が肉体硬化の原因となり、さらに日頃の運動不足が加速させるのです。
そして意識的にストレッチ等で肩甲骨を動かしていないと関節は硬くなり、可動域はどんどん狭くなります。
40肩、50肩の原因の一つがここにあると言われています。
腕は体より前で作業(運動)することが多く、後ろの肩甲骨周辺等の筋肉を使う事が少ないため、どうしても背中の血流が悪くなるそうです。そして肩甲骨とその周辺には、脂肪を燃やしやすくする褐色脂肪細胞があり、褐色脂肪 細胞とは食事で摂取したカロリーをエネルギーとして放出させる働きがある細胞のこと 。肩甲骨を動かすことで褐色脂肪細胞を活発にし、脂肪を燃やしやすい体をつくる事ができるのだそうです。

わお~肩甲骨を動かすとイイ事づくめやん

硬さテストです。
これができないと肩周辺は劣化、硬化しとりますよ~60代でございますよ~。

テスト1





三ヵ月前くらいから意識的に動かす!を実行。

イメージはデビルウィーングです!!

初めは全く動かず、まっ平らな背中・・

毎日気がつけば意識して動かす事を繰り返すと・・・




肩甲骨1






だいぶ出るようになりました!

間に缶を挟み、グシャっとつぶすのを目標にしております。

体重も少し減少、肩コリなくなりました

突きにも影響が出てきました。突き手ではなく引き手にです。

肩甲骨の可動域を広げると様々な所に影響するようでございます

体が柔軟な季節、皆さんも肩甲骨ストレッチでしなやかな上半身を手に入れましょう~

ではファンキーな日曜日をお過ごし下さいな


螳螂拳士募集中!
スポンサーサイト
 HOME 

山東螳螂拳の大要

螳螂拳の魅力が存分に味わえます!

第1巻・基本功と零集式・・・・・・ 第2巻・乱接拳と試合応用・・・・・ [試合応用・伝統技法を競技で使う・散打ルールにて。 で私が解説・出演させて頂いておりますO(≧∇≦)O

鳩時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

BMIチェッカー健康君

BMIとは体格指数を表し、国際的にも認められている、 肥満・やせの基準です。

18.5未満を「低体重」、18.5以上25.0未満を「標準」、25.0以上29.0未満を「標準以上」、30.0以上を「肥満」としています

捕蝉数値

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。